暮らしに役立つ情報 サイトマップ

幼児の夜泣き対策と予防

幼児の夜泣き対策、予防はまず、普段からの生活リズムを整えることです。

朝は早起きをしてカーテンを開け、たっぷりと日光を部屋にとり入れましょう。幼児や子供は早寝早起き三食のリズムをしっかりとつけてあげれば、夜もぐっすり寝付き、夜泣きをしなくなる可能性があります。

幼児になると赤ちゃんの時と異なり、生活リズムをきちんとつけていく年齢なので、まず、早寝早起きをしっかりさせられるようにしましょう。

食事の時間も決めて、特に夕食はあまり遅い時間に取らないようにしてください。朝、だらだらといつまでも起きなかったり、夜はパパやママと一緒に遅くまで遊んでいたり、テレビを見ていたりすると睡眠のリズムも乱れて夜泣きの原因の1つとなってしまいます。食事も三食しっかりと取るように心がけましょう。

また、幼児や子供は足が冷えていると寝つきが悪く、深い眠りが得られず、夜泣きの原因になることがあります。その予防として、パパやママとゆっくりと楽しくお風呂に入るようにしましょう。就寝前のお風呂もリラックスして体を温め、心地よくぐっすりと眠りにつくことができます。お風呂から出た後、時間が経ってから眠る場合は、少し足を温めてあげればよく眠れるはずです。

幼児や子供の夜泣き対策は、親の健康維持にも役立ちますよ。



□ 楽しくなるラクラク育児の法則

★★
★★★★★
★★★★★
★★★★★