暮らしに役立つ情報 サイトマップ
☆ 暮らしに役立つ情報> 幼児の夜泣き

幼児の夜泣きとは

幼児期になっても夜泣きをするお子さんがいると、心配ですよね。

でも、幼児の夜泣きは病気ではありません。幼児期になると脳が発達してきて、ノンレム睡眠とレム睡眠が脳波に現れてくるようになります。

幼児期になると、幼児の夜泣きの原因は、夜間の連続した睡眠が長くなり、しっかりと昼と夜の区別がつけられるようになってくるためです。

夜泣きは成長の過程で表れる成長の証しでもあるとされていますので、いずれおさまっていきます。

幼児の夜泣きの特別な対処法はないのでゆったりとお子さんの成長を待ちましょう。


赤ちゃん・子供の睡眠の悩み(夜寝ない、寝付きが悪い、寝ぐずり、夜泣き...)を解消! 寝かしつけマニュアル「赤ちゃん・子どもがぐっすり眠る魔法の安眠術」



お子さんの受験対策!!進学塾は不要

 詳細は↓ ↓ ↓ ↓ ↓

進学塾不要!幼児にして大卒を決定づける「有名幼稚園」「有名小学校」受験対策マニュアル

★★★★★
★★★★★
★★★★★
★★★★★

幼児の夜泣きの原因

なぜ?幼児や子どもの夜泣きをするのでしょうか。

幼児や子供の夜泣きの原因には昼間の出来事の影響で夜泣きすることがよくあります。保育園や幼稚園で嫌な出来事があった日にはそれが原因で夜泣きをすることがよくあります。

友達とけんかをしたり、怖い思いをしたり、幼児や子供は、欲求不満を感じたりした時、大好きなママやパパにひどくしかられたり、生活リズムが狂っても夜泣きするなど、子供なりの原因があって夜泣きをすることが多いのです。

子供にとっていやな体験が、眠っている間に怖い夢を見たりすることにつながっていきます。また、幼児は夜尿(おねしょ)をして起きて夜泣きをしてしまう場合もあります。



赤ちゃんの夜泣きが止まる安眠講座

★★★★★
★★★★
★★★★
★★★★

夜泣きの対処は安心させてあげること

子供や幼児の夜泣きの対処は赤ちゃんの夜泣きと同様、まずは安心させてあげることが大切なんです。

幼児が夜泣きをしたら、すぐに抱きしめてあげたり、添い寝をしてあげたりして対処しましょう。「パパやママが近くにいるから安心」というふうに子供に思わせてあげられると、夜泣きもおさまり眠りにつくでしょう。

子供の寝室がパパやママとは別になっている場合には、夜泣きがひどい日は一緒に寝てあげるといいですね。また、幼児や子供が怖い夢を見たりして起き、パニックになって夜泣きをしている場合はなおさらです。

完全に夜泣きで子供が起きてしまった場合の対処としては、絵本(怖い物語は避ける)を読んであげたり、お話をしてあげたり、歌を歌ってあげてりして子供が眠りにつくまで付き合ってあげてください。

幼児が汗をかいているようなら着替えさせ、温かい飲み物などを飲ませてあげると安心します。幼児や子供の夜泣きには親があわてないことです。



★★★★
★★★★
★★★★
★★★

幼児の夜泣き対策と予防

幼児の夜泣き対策、予防はまず、普段からの生活リズムを整えることです。

朝は早起きをしてカーテンを開け、たっぷりと日光を部屋にとり入れましょう。幼児や子供は早寝早起き三食のリズムをしっかりとつけてあげれば、夜もぐっすり寝付き、夜泣きをしなくなる可能性があります。

幼児になると赤ちゃんの時と異なり、生活リズムをきちんとつけていく年齢なので、まず、早寝早起きをしっかりさせられるようにしましょう。

食事の時間も決めて、特に夕食はあまり遅い時間に取らないようにしてください。朝、だらだらといつまでも起きなかったり、夜はパパやママと一緒に遅くまで遊んでいたり、テレビを見ていたりすると睡眠のリズムも乱れて夜泣きの原因の1つとなってしまいます。食事も三食しっかりと取るように心がけましょう。

また、幼児や子供は足が冷えていると寝つきが悪く、深い眠りが得られず、夜泣きの原因になることがあります。その予防として、パパやママとゆっくりと楽しくお風呂に入るようにしましょう。就寝前のお風呂もリラックスして体を温め、心地よくぐっすりと眠りにつくことができます。お風呂から出た後、時間が経ってから眠る場合は、少し足を温めてあげればよく眠れるはずです。

幼児や子供の夜泣き対策は、親の健康維持にも役立ちますよ。



□ 楽しくなるラクラク育児の法則

★★
★★★★★
★★★★★
★★★★★