暮らしに役立つ情報 サイトマップ
☆ 暮らしに役立つ情報> しみ取りで美肌に

しみの原因

しみの原因は一つではありません。様々な原因が考えられますが、主なものは、紫外線、ストレス、ホルモンバランスの崩れ、食生活の乱れ、色素沈着、ビタミンC不足などです。

・紫外線 

しみは紫外線を浴びると、肌にあるメラニンが大量に増えてできます。外出の時には、紫外線対策として、日焼け止めをしっかり塗り、ツバの広い防止や日傘を使いましょう。目を守るために色の薄いサングラスや、UV手袋、UVスカーフなどを着用して有害な紫外線からお肌を保護しましょう。

・ホルモンバランス 

しみは、20歳代から30歳代にかけて妊娠・出産などのきっかけで、体内のホルモンバランスが崩れたとき、現れる事があります。この場合は、ホルモンバランスを整えるために栄養バランスを考えた食生活や、副交感神経など自律神経を強化して、体調を整える事が大切です。しみの症状を改善するためにホルモンバランスを整えることは大切な要素です。可能です。

・ビタミンC不足 

ビタミンCには還元作用があるので、メラニン色素の沈着を防ぐことが出来ます。しみを作りたくなかったら、たっぷり、ビタミンCを摂るようにしましょう。ビタミンCは喫煙やストレスで多く消費されています。タバコ1本を吸うことで、ビタミンCの1日必要摂取量の殆どを消費してしまいます。ビタミンCが不足するとしみができやすくなります。

・ストレス 

ストレスを受け続ける事で自己免疫力が落ち、しみが出来やすくなります。これはメラニンなどの色素細胞は、ストレスが溜まっているとしみができやすくするからです。

★★★★
★★★★★
★★★★

しみの改善

しみ改善は、化粧品やレーザーなどの外科的処置など、表面だけの対処では不十分です。

しみを体の内側から改善するためには充分な栄養であるビタミンをたっぷり摂取し、しっかり、水分をとり、バランスの取れた食生活を送ることが基本です。

しみ対策として、ひごろから紫外線対策には十分気をつけましょう。


★★★★★
★★★★★
★★★★

しみ取り化粧品

しみ取り化粧品は、一般に販売されている化粧品の中に、しみ取り効果が表記されている商品も多いですよね。

保湿と肌のシミには密接な関わりがあり、美白を促す化粧品でもメラニン色素の生成を抑えると共に、ホオノキエキスやスーパーニワトコエキスなど様々な保湿成分を配合している事が一般的となっています。

しみ取りパックには、ビタミンC誘導体配合の美容液を使用するとより効果的です。
しみが気になる部分に集中的に美容液を浸すことで、より美容成分が浸透して効果が上がります。

ピーリングは、角質や表皮を人工的に剥がして、肌のターンオーバーを促します。

ケミカルピーリング石鹸などでピーリングしたは肌は、美容液が浸透しやすい状態になっています。美白成分のビタミンC誘導体などでスキンケアすると、より効果的です。

★★★★
★★★★★
★★★★★

しみ取り レーザー治療

しみ取りレーザーは、医療機関と美容エステサロン等で、使用されています。

美容エステサロンなどで、医療的なしみ取り治療としてレーザーを使用している場合があります。美容クリニックでは医療機関としてしか行えないしみ取りレーザー治療を行っています。

小さなしみであれば、レーザー1回でしみ取りできます。大きな深いしみの場合、3ヶ月に1回レーザー照射して、5回程度の治療が必要な場合もあります。1回の治療で料金5000円程度です。

レーザー治療は、表面上のシミを外科的に取り除くので、1週間ほどたつとかさぶたが落ちてきれいな表面になっていきます。しかし時間を要し100%綺麗になるわけではありません。

レーザー治療は、表面上のシミを取り、一時的に回復したかのように見えるが、正常な肌に戻すには食生活の改善が必要となる場合がありますので注意が必要です。

しみ取りレーザーは皮膚科の専門医に見てもらうことで、しみの原因を発見する事ができる場合がありますので、美容エステサロンなどに行く前に皮膚科で専門医に診てもらうことをお勧め致します。