暮らしに役立つ情報 サイトマップ

三種混合の予防接種

三種混合の予防接種とは、百日咳、破傷風、ジフテリアの病気の予防接種です。

なぜ、赤ちゃんの時から、三種混合の予防接種をするかというと、これらの2つの病気が感染すると死に至ることが多い病気だからです。子供が低月齢ほど重症化しやすい病気である百日咳を予防するためにも子供の生後3ヶ月という小さい時期に予防接種を受けるのです。

1.百日咳は赤ちゃんもかかる病気で、特有の激しい咳が長引き、肺炎を併発したり呼吸が止まったりするのが心配な病気です。

2.破傷風は破傷風菌の感染によってけいれんを起こしたり、中枢神経が侵されると筋肉が硬直したり呼吸麻痺を起す事もある病気です。

3.ジフテリアの症状は発熱、嘔吐、咳などが起き呼吸困難や神経障害で死亡する事もある病気です。

三種混合の予防接種は、子供が生後3ヶ月から受けられる定期接種で、百日咳、破傷風、ジフテリアの3つの病気を予防するワクチンを複数回、予防接種をします。

1期は3~8週間おきに3回と、その1年~1年半後に1回の計4回。Ⅱ期は11~12歳に間に1回、予防接種をします。


□ 楽しくなるラクラク育児の法則



赤ちゃん・子供の睡眠の悩み(夜寝ない、寝付きが悪い、寝ぐずり、夜泣き...)を解消! 寝かしつけマニュアル「赤ちゃん・子どもがぐっすり眠る魔法の安眠術」