暮らしに役立つ情報 サイトマップ

ポリオの予防接種

子供が受ける予防接種でポリオとは小児麻痺の一種の病気です。小児麻痺は発熱が続き、後遺症として手足に麻痺が残ったり、最悪の場合には呼吸の麻痺で死亡する事もある怖い病気です。

ポリオの予防接種は、生後3ヶ月から受けられる定期接種です。ポリオの予防接種は住んでいる地域の自治体ごとの集団接種が主で、毎年、春と秋の2回行われています。ポリオの予防接種は春に1回受けたら次の秋に2回目、秋に受けたら次の春という人が多いです。

予防接種の方法は、ワクチンが入ったシロップを1回につき0,05mlずつ、スポイトで飲ませる経口接種で、6週間以上明けて2回飲ませます。

ポリオワクチンの予防接種前後30分は、飲食禁止です。ポリオワクチンの予防接種後に、もし飲食させると、その飲食が原因となって、子供が吐いてワクチンが出てしまう心配があるからです。

ポリオワクチンの予防接種で注意すべきことは、予防接種をしたワクチンのウィルスは腸内で増殖し接種後1ヶ月くらいは、子供の便に混じることです。ですから、もし、ポリオの抗体がない人が便に触れると、ポリオがうつる可能性があるので、ポリオの予防接種を受けたら、子供の便を替えた後はよく手を洗うようにしなければなりません。


赤ちゃんの夜泣きが止まる安眠講座