暮らしに役立つ情報 サイトマップ

にきびの症状と原因

にきびが起こる原因は、体調・体質・汚れ・スキンケアの間違い・ストレス・生理などいろいろです。

その中でもニキビの最大の原因が食生活です。脂っこい料理などが好きな人は、充分注意が必要です。

特に新陳代謝が活発な若者は皮脂の出が多いので、食生活を改善しないと、にきびになりやすくなります。

毛穴が汚れたり皮膚の角質がつまると皮膚の脂、皮脂が毛穴に溜まり、にきびの原因となるアクネ菌などがこの毛穴に繁殖することで起こります。皮膚は炎症を起こし、かゆみ・痛み・発疹などを起こした状態がにきびです。

にきびは放って置いてもなかなか治りません。悪化するとにきびの跡が残り、かゆみが残ることがあります。にきび跡ができるのは、にきびの炎症が悪化すると残りやすくなります。

皮膚の下には真皮があります。表皮は垢としてはがれ落ち、真皮が成長して次の表皮へと変わり、その下では新しい真皮が生まれているのが皮膚のサイクルです。もしも真皮を生み出す組織まで達してしまうようなケガをしてしまったら、その部分は真皮を生み出すことが出来なくなるか、出来たとしてもゆっくりになってしまうため、これが傷跡として残るようになるのです。

この状態がクレーターと呼ばれる皮膚の凸凹です。にきび跡を起こさないためには、にきびがまだ表皮だけの炎症のときに症状を抑えることです。

★★★★
★★★★
★★★★
★★★★