暮らしに役立つ情報 サイトマップ

メタボ検診の腹囲測定と矛盾点

メタボリック症候群で肥満を象徴しているのが腹囲測定ですね。

腹囲測定でお腹の脂肪の量をおおよその範囲で把握するのです。

基準測定値とされているのが、男性は 腹囲85cm以上、女性は90cm以上です。腹囲が超えている場合には、指導の対象となります。

これは、同じ箇所で腹部CT検査を行った場合の内臓脂肪量が、男女ともに100平方センチメートル以上あるであろうという推測から出された数値です。

ところが、この数値は世界の基準と日本の基準が大きく異なっていること、厳しすぎることなどで専門家の間でもまだ異論があるようです。

実際、腹部内臓脂肪量が腹囲から推測される数値であることと腹囲測定は自己申告でも良いとか、着衣の上からは測定値から1.5cmひくなどと曖昧な基準が示されているので、本当の脂肪量との間に矛盾があるのです。

しかし、検診というものは定期的に受けることで体調の変化を見ていくものです。わずかな腹囲の違いをどうこう言うより、全体的に把握していく必要があるのではないでしょうか。