暮らしに役立つ情報 サイトマップ

厚生労働省 メタボ検診とは

メタボ検診とは、2008年4月から実施されている特定健康診査および特定保険指導です。

日本人の食事の欧米化や運動不足の結果、肥満体質や隠れ肥満の人が急激に増えてきました。

そこで主にメタボリックシンドロームや生活習慣病など、あまり積極的に治療しようとしない病気に対して検診を行い、改善する為の指導を行うために制定されました。

メタボ検診は、国民健康保険を運営する市区町村や企業の健康保険組合などでの採用が義務付けられています。

対象者は40歳~74歳の健康保険加入者で必ず受ける必要があります。

検査項目は腹囲、血圧、血糖値、コレステロール値で、基準値を上回った場合に指導が与えられるためにこれまでの健康診断をさらに向上させた検診なのです。