暮らしに役立つ情報 サイトマップ
☆ 暮らしに役立つ情報> メタボ検診のすすめ

厚生労働省 メタボ検診とは

メタボ検診とは、2008年4月から実施されている特定健康診査および特定保険指導です。

日本人の食事の欧米化や運動不足の結果、肥満体質や隠れ肥満の人が急激に増えてきました。

そこで主にメタボリックシンドロームや生活習慣病など、あまり積極的に治療しようとしない病気に対して検診を行い、改善する為の指導を行うために制定されました。

メタボ検診は、国民健康保険を運営する市区町村や企業の健康保険組合などでの採用が義務付けられています。

対象者は40歳~74歳の健康保険加入者で必ず受ける必要があります。

検査項目は腹囲、血圧、血糖値、コレステロール値で、基準値を上回った場合に指導が与えられるためにこれまでの健康診断をさらに向上させた検診なのです。

メタボ検診の基準

メタボ検診
メタボ検診は、会社や地域でセミナーなどの説明会を開いて内容の説明を行ってきましたが、まだ徹底とは程遠い状況のようです。

メタボ検診で検査するのは、腹囲、血圧、血糖値、コレステロール値の4項目です。

腹囲はお腹のサイズを測り脂肪の量を大まかに把握するため、血圧は高血圧の診断を行うため、血糖値は糖尿病、コレステロール値は肥満や動脈硬化など、いろんな生活習慣病や食生活の乱れを判断する材料として検査を行います。

メタボリックシンドロームは、代謝異常を引き起こす病気が重なっている状態の事です。定義としては、肥満に加え高血糖、高血圧、高脂血症の状態が2つ以上重なった状態の事をいいます。

その基準は国によって異なりますが、日本の場合は以下の基準が設けられています。

・肥満:腹囲が男性85cm以上、女性90cm以上の状態若しくはBMIが25以上
・高血圧:収縮期血圧(上)が130mmHg、拡張期血圧(下)が85mmHg以上
・高血糖:空腹時の血糖値が110mg/dl以上
・高脂血症:中性脂肪値が150mg/dl以上若しくは善玉(HDL)コレステロール値が40mg/dl未満

この基準はメタボ検診にもそのまま採用されており、この条件を肥満+他のどれか一つが満たしている場合は、メタボという判断が下され、メタボ検診における指導を受ける事になります。

メタボ検診の腹囲測定と矛盾点

メタボリック症候群で肥満を象徴しているのが腹囲測定ですね。

腹囲測定でお腹の脂肪の量をおおよその範囲で把握するのです。

基準測定値とされているのが、男性は 腹囲85cm以上、女性は90cm以上です。腹囲が超えている場合には、指導の対象となります。

これは、同じ箇所で腹部CT検査を行った場合の内臓脂肪量が、男女ともに100平方センチメートル以上あるであろうという推測から出された数値です。

ところが、この数値は世界の基準と日本の基準が大きく異なっていること、厳しすぎることなどで専門家の間でもまだ異論があるようです。

実際、腹部内臓脂肪量が腹囲から推測される数値であることと腹囲測定は自己申告でも良いとか、着衣の上からは測定値から1.5cmひくなどと曖昧な基準が示されているので、本当の脂肪量との間に矛盾があるのです。

しかし、検診というものは定期的に受けることで体調の変化を見ていくものです。わずかな腹囲の違いをどうこう言うより、全体的に把握していく必要があるのではないでしょうか。

メタボ検診のペナルティ、罰則

メタボ検診は、これまでのように単に検診を行うだけではありません。検査した項目が基準値を超えている場合は保健指導を行ったり受けたりする義務があるのです。

しかし、メタボ検診の対象者となる40歳~74歳の健康保険加入者や被扶養者は、メタボ検診の制度による健診を受けなくても、直接にはペナルティ、罰則は定められていません。

しかしながら、検診を受けないと、生活習慣の改善指導で成果が無いと国から、市区町村や企業に対してペナルティとして、 75歳以上の後期高齢者医療制度の補助金が10%の範囲でカットされるようになっているのです。

国からの補助金がないと不足分は保険料の値上げの可能性もあるので、間接的には影響を受けることになります。

そこで、将来的には、企業の健康保険組合などがメタボ検診対策で金銭的負担が大きくならないように、はじめから肥満の人や検査に引っかかりそうな人を採用しなかったり昇給や昇進に影響がでる可能性もあるかもしれません。