暮らしに役立つ情報 サイトマップ

高額医療費と不妊治療

自分たちの子どもが欲しいと切実に願っている夫婦はたくさんいます。

不妊とは結婚して2年以上経っても妊娠できない状態です。

今、いろんな不妊治療が行われていますが、不妊治療は精神的・肉体的・金銭的な負担がとても大きいものです。

不妊治療の場合は初診・再診・一般不妊治療は保険対象となっていますが、体外受精・顕微受精など特別な不妊治療や新しい不妊治療の多くが高額な医療費がかかるうえ保険が適用されないものが多いのです。

これらの不妊治療は1回の治療費が20万円以上を必要としますが保険が適用されないので全額実費。しかも保険外のため高額医療費請求ができないという事です。

しかし、少子化が問題視されてきたため現在は、条件にかなえばこれらの特定不妊治療に要する費用を一部、助成してくれる制度ができました。

条件を満たす方には、助成金が1年あたり治療1回につき10万円を限度2回まで、通算5年間支給されます。どのような条件が必要かは、医師に相談したり、住んでいる自治体に問い合わせてください。


■ 不妊症でも自然妊娠で元気な赤ちゃんを授かる方法


不妊症・不妊治療を自宅で改善出来る妊娠成功ガイドブック【安心の全額返金保証付】■不妊症周期療法の第一人者譚定長先生が公開■


¥840
¥2520
¥2079
¥1260

- PutiRaku -