暮らしに役立つ情報 サイトマップ

出産費用は高額医療費になるの?

高額医療は負担金が限度額を超えた場合に還付されるものですが、これに含まれないものに保険外の治療費があります。

高額な金額が必要なのに保険外になっている代表的なものが出産費用です。

出産にかかる費用は、普通分娩で約30万円ほどですが、出産までの定期健診を受ける費用が約7~8万円かかってしまいます。

しかし、これらの費用は保険適用外となっているので全額支払わなくてはなりません。かなりの高額医療となるはずですが、保険が適用されないため高額医療も適用されません。これは、出産が病気ではないとされているからです。

若い夫婦が子供を出産するには経済的にかなりの負担になるので、不安になりますね。

しかし、出産の場合は出産育児一時金が還付されます。実際に分娩にかかった費用ではなく、平成21年1月より、1児につき一律38万円が支給されるようになりました。忘れずに申請しましょう。また、確定申告で申請をすれば、医療費控除を受けることもできます。

出産はホルモンバランスや体調の変化で何かと不安になるものですが、妊婦さんにとってストレスは大敵です。これらの制度を上手に利用すれば、出産にかかる費用がかなり軽減できます。上手に利用して、少しでもストレスをなくしましょう。



赤ちゃんがピタッと泣き止んだ!【夜泣き対処法】


赤ちゃんの夜泣きが止まる安眠講座


¥1365
¥1365
¥1365
¥1155

- PutiRaku -