暮らしに役立つ情報 サイトマップ

育児休業を請求できる人

保育園に預けることができるとしても、子供がある程度の年齢になるまでは子育てに専念したいと思っている母親は多いことでしょう。

この育児に専念するために取ることができる休暇が育児休業です。

育児休業は法律によって保障されている、労働者が請求できる当然の権利ですので、育児休業は、正社員だけでなく、パートタイマーやアルバイトの人にも適用されます。

1歳未満の子供を養育しているのであれば、男女関係なく、誰でも育児休業を取ることができます。お母さんではなく、お父さんが育児休業を取り育児をしてもいいわけです。

子が実子であるか養子であるかも問いません。家族などで子どもの世話が可能な者がいても、それに関係なく取得は可能なのです。


進学塾不要!幼児にして大卒を決定づける「有名幼稚園」「有名小学校」受験対策マニュアル


小学校受験のための幼児教室 あすか会の合格講座【DVD3枚+問題集+学習の手引き】