暮らしに役立つ情報 サイトマップ
☆ 暮らしに役立つ情報> 中小企業診断士の難易度

中小企業診断士の仕事

中小企業診断士は経済産業大臣により登録されており、企業経営をいろんな点から診断・分析して、問題を解決に導くことから「企業のドクター」とも呼ばれています。

経営・業務コンサルティングの専門家として、国家資格で認められているのは、中小企業診断士だけです。

中小企業診断士の主な仕事は、経営の指導・講演や教育訓練、経営診断を行います。また、場合によっては研究や調査、執筆活動なども行います。現代の変化の激しいビジネスにとっては中小企業診断士は大事な存在で、とてもやりがいのある仕事です。

中小企業診断士の年収は、独立か企業内の中小企業診断士かで違いますが500~1000万円位が多く、それ以上も可能です。

中小企業診断士の資格を取得すれば、行政が設置した公的中小企業支援機関に登録できます。

中小企業診断士の資格は、就職・転職の際に有利な資格として認められており、さまざまな会社から求人・募集があります。

★★★★
★★★★
★★★★★
★★★★

中小企業診断士の試験内容、受験資格・試験日

中小企業診断士の試験内容は、経営コンサルティング業務に関するものです。

中小企業診断士の試験には、一次試験と二次試験があります。

一次時試験は、「経済学・経済政策」「財務・会計」「企業経営理論」「運用管理(オペレーション・マネジメント)」「経営法務」「経営情報システム」「中小企業経営・中小企業政策」の7科目で、非常に多くの種類の分野の知識が必要とされます。

二次試験では、実務事例を試すための筆記試験や、口述による面接形式の試験も行われます。

一次試験の受験資格は、年齢・性別・学歴等に制限はありませんが、二次試験の受験資格は、当年又は前年の第一次試験合格者となっています。

試験日程は、毎年、一次試験は8月頃、二次試験は10月に筆記試験、12月に口述試験が行われます。最終的な合格発表日は、12月末ごろです。

★★★★★

中小企業診断士試験の合格対策

中小企業診断士の難易度の高い試験に合格するためには、実際に中小企業での実務経験や活動の経験、判断が必要とされます。

また、知識は独学では難しいので専門学校や通信講座を受けて特別に対策をしましょう。

中小企業診断士の難易度の高い試験向けとして有名な専門学校は、「資格の大原」や「TAC」「TBC」などがあり、通信教育も、ユーキャンや「資格の大原」「TAC」などが評判が高いです。

一度、資料を取り寄せてみるといいでしょう。


★★★★
★★★★★

中小企業診断士試験の合格対策

中小企業診断士の難易度の高い試験に合格するためには、実際に中小企業での実務経験や活動の経験、判断が必要とされます。

また、知識は独学では難しいので専門学校や通信講座を受けて特別に対策をしましょう。

中小企業診断士の難易度の高い試験向けとして有名な専門学校は、「資格の大原」や「TAC」「TBC」などがあり、通信教育も、ユーキャンや「資格の大原」「TAC」などが評判が高いです。

一度、資料を取り寄せてみるといいでしょう。


★★★★
★★★★★