暮らしに役立つ情報 サイトマップ
☆ 暮らしに役立つ情報> 幼児のおやつ

幼児のおやつは食事

「おやつ」というとすぐに甘いものを連想しますが、幼児のおやつは食事の一つと考えましょう。

幼児には甘いものをおやつに与えすぎると、野菜などの味がよくわからなくなり、好き嫌いが多いこどもになってしまいます。

幼児や子供のおやつはもともと3度の食事でとれなかった栄養をおぎなうもののはずですが、甘いものをおやつにしすぎると食事の食欲を減退させてしまうからです。また、糖分の消化には、多くのビタミンとカルシウムが必要まなので、おやつに糖分をとりすぎてしまうと栄養のバランスがくずれてしまいます。お母さんが幼児のおやつのバランスをよく考えてあげましょう。

幼児のおやつの時間は、だいたい午前中に1回、午後に1回で十分です。1日1回でも良いくらいです。

幼児におやつの時間を決めないで、欲しがるだけあげてしまうとご飯も食べられなくなりますし、虫歯の原因にもなります。

特に、夜ご飯を食べたあとのおやつはだめです。夜は、虫歯になりやすいので与えるのはやめましょう。親が食べていると幼児もほしがります。親の食事時間や生活リズムも気をつけましょう。



赤ちゃん・子供の睡眠の悩み(夜寝ない、寝付きが悪い、寝ぐずり、夜泣き...)を解消! 寝かしつけマニュアル「赤ちゃん・子どもがぐっすり眠る魔法の安眠術」


お子さんの受験対策!!進学塾は不要
 詳細は↓ ↓ ↓ ↓ ↓

進学塾不要!幼児にして大卒を決定づける「有名幼稚園」「有名小学校」受験対策マニュアル

幼児(0歳児)のおやつ

幼児のおやつ
幼児、特に0歳児には、大人が食べるようなお菓子類はまだ早すぎます。

0歳児の幼児には、まだポテトチップスのような塩気の多いものは体に負担がかかりますので食べさせてはいけません。

0歳児の幼児のおやつは、市販で売っている赤ちゃんセンベイで良いでしょう。タマゴアレルギーでなければ、タマゴボーロが市販で売っていますので、それでも良いです。

0歳児の幼児には、さつまいもをペーストしたものや、かぼちゃをペーストしたものを手作りしでも良いですね。


子育てのストレスすっきり解消!【親子で幸せを掴む育児方法】 


赤ちゃん・子供の睡眠の悩み(夜寝ない、寝付きが悪い、寝ぐずり、夜泣き...)を解消! 寝かしつけマニュアル「赤ちゃん・子どもがぐっすり眠る魔法の安眠術」

,

¥1470
¥1470
¥1575
¥1575

- PutiRaku -

1歳児の幼児のおやつ

1歳児の幼児になってくれば、食べられるおやつも種類が増えます。

市販の幼児用のビスケットや幼児用のかっぱえびせんなどを与えましょう。ただし、幼児にはあげすぎに注意しながらおやつをあげてください。

幼児のおやつのときの飲み物は、1歳を過ぎていてアレルギーがなければ牛乳にしましょう。多少の満腹感も出ますし、牛乳はカルシウムもたくさん入っていますので幼児には良いことです。



赤ちゃんの夜泣きが止まる安眠講座



赤ちゃん・子供の睡眠の悩み(夜寝ない、寝付きが悪い、寝ぐずり、夜泣き...)を解消! 寝かしつけマニュアル「赤ちゃん・子どもがぐっすり眠る魔法の安眠術」


3歳未満の子供のおやつ

少なくとも3歳未満のこどもには、まだ、甘いキャンディー類、チョコレート類は食べさせないようにしましょう。

低年齢児の味覚はまだ未発達ですので、この幼児の時期に甘みの強いものを与えると味覚の発達が妨げられ甘党のこどもになってしまいます。

子供は甘いものの味を一度覚えると欲しがりますが、幼児の時期には食べたことがないと欲しがりません。




赤ちゃん・子供の睡眠の悩み(夜寝ない、寝付きが悪い、寝ぐずり、夜泣き...)を解消! 寝かしつけマニュアル「赤ちゃん・子どもがぐっすり眠る魔法の安眠術」

手作りの幼児のおやつ

幼児のおやつは手作りのものをあげるのが理想的だと思いますが、子育て中は、時間がない方も多いと思います。

時間がなかったり忙しいときは幼児のおやつは市販のおやつで済ませても大丈夫です。たまに、手作りでおやつを作って子供に与えると、子供もきっと喜びます。

ネットで検索すれば、簡単なおやつのレシピや作り方が出ているサイトが見つかりますし、本を購入してもいいでしょう。

でも、幼児のための手作りおやつは、子育てや家事の支障にならない程度に作りましょう。



赤ちゃんがピタッと泣き止んだ!【夜泣き対処法】



赤ちゃん・子供の睡眠の悩み(夜寝ない、寝付きが悪い、寝ぐずり、夜泣き...)を解消! 寝かしつけマニュアル「赤ちゃん・子どもがぐっすり眠る魔法の安眠術」




¥1470
¥1155
¥550
¥1575

- PutiRaku -