暮らしに役立つ情報 サイトマップ

領収書の書式と注意事項

領収書には記載しなければならない項目があります。

領収書の書式と注意事項を紹介します。

1. 宛名は「会社」対「会社」の取引の場合は、宛先を会社名にする。

株式会社を(株)、有限会社を(有)と省略しない。上様などという表記はダメ。

2. 通 番

主としてデータ管理上の目的でナンバーをつける。どの領収書に関する依頼なのかを特定することができて便利。

3. 発行日または提出日

実際の入金日、お金を受取った日付を記載します。

4. タイトル

市販の領収書の台紙の場合は、「領収書」と印刷されている。

5. 受領金額

記載された金額をあとで訂正することができないように独特の決まりがある。
手書きの場合に、難しい漢字表記を使用する場合もある。(壱、弐、参、四、伍、六、七、八、九、拾)
桁が増えれば、佰、阡、萬といった数字を使用(100万円は、壱佰萬圓)

6.領収書の発行者

住所、会社名(またはお店の名前)を記載。ゴム印でも構わない。
会社の社印(社判)を押す。担当者印も押す場合もある。

7.領収書の但し書き

何に対する支払いなのかを特定する為に重要な部分。
「お品代」「お品代として」という記載は、正式な領収書としては認めらない。花代、お弁当代、タクシー代などきちんと記載すること。