暮らしに役立つ情報 サイトマップ
☆ 暮らしに役立つ情報> 結婚招待状の文章

結婚招待状文章の書き方

結婚招待状の文章は、結婚式の時だけで普段は書きませんから、上手く書くのにはお手本が必要です。

最近流行のカジュアルなパーティ形式の結婚式などは別として、親戚や上司などをお呼びする場合にはきちんとした形で結婚招待状の文章を書きましょう。

結婚の招待状や二次会の招待状は、下記のホームページにサンプルがあり、テンプレートの無料配布もあります。

雛形をダウンロードすればパソコンで簡単に作れますので、業者に頼むよりも安価でオリジナルなすてきな招待状ができあがります。

きれいなカードが市販されています。

★★★★
★★★★★
★★★★
★★★★★

招待状文章の書き方のマナーとルール

結婚招待状の文章は、気をつけたい書き方のルールがあります。

招待状を手作りする際に特に気をつけたいことは、

1.招待状の文章では、結婚する二人の名前を少し下げること。
2.招待状の文章には句読点をつけないこと。
3.段落を変えるときも文頭を開けないのがルールです。

これは「慶事には終止符を打たない、区切りをつけない」という意味からです。

しかし、最近は縁起よりも読みやすさ重視で句読点を付けることも増えてきたようですが、招待する方が年配のご親戚や、上司などの場合には、常識はずれととられないためにも、ルールに沿った文章を書くことをおすすめします。

また、招待状の文章は「いつ」「どこで」「誰と誰が」「どんな結婚式を行なうか」などをわかりやすく書くことです。レイアウトにこだわりすぎて、文章がわかりにくかったり、欠けていたら困ります。

最近は結婚する二人が文章を考えることが増えてきましたが、その場合でも、あまりくだけた文章や文面はやめましょう。

結婚招待状は、結婚式の形式にあわせて、簡潔で読みやすくすっきりしたレイアウトにしましょう。


★★★
★★★★
★★★★★
★★★★★

結婚招待状の差出人

結婚招待状の文章を考える前にまず、誰を差出人にするかを決める必要があります。差出人によって文章の内容が変わってくるからです。

以前は一般に「親」を差出人にすることが多かったようですが、最近はかなり変化していて決まりはないようです。

これまでの結婚式が会社関係の上司を招待していたり、周辺地域との繋がりが強いということで両親が結婚に関わることが多かったため風習になっていたようです。

しかし、最近は、結婚は当人同士ということで、差出人が本人二人の名前になることもよくあります。もし、迷うようなら、先輩や結婚式場の担当者、ウエディングプランナーなどに相談してみるといいですね。

★★★★★
★★★★
★★★★
★★★★★

結婚招待状の付箋

挙式の案内や、結婚式や披露宴でスピーチや余興をお願いする場合には、「付箋」と呼ばれる別の用紙を結婚招待状に同封して案内します。

付箋の書き出しはどの場合にも「追伸」とします。

ただし、スピーチや余興などをお願いする場合には準備を必要としますから、結婚招待状の文章で案内する前に、あらかじめ連絡をして意向を伝え、承諾をとっておく必要があります。