暮らしに役立つ情報 サイトマップ

風疹の予防接種

風疹は風疹ウィルスが原因となって起こる病気で、「三日麻疹(はしか)」ともよばれています。

風疹の症状は発熱や発疹など麻疹に症状が似ているからですが、その症状はがずっと軽く期間も短い事が多いためです。

しかし、風疹の症状が麻疹より軽いからといって、数千人に1人の割合で脳炎などの合併症を起す可能性もある病気なので軽視は出来ません。

風疹は子供より大人が感染すると高熱や関節の痛みが長引く事もある病気ですので、大人の方が注意しなければならない病気です。

特に、妊娠初期の妊婦がかかると高い頻度で先天性風疹症候群の赤ちゃんが生まれるので、風疹にかかったことのないひとは予防が必要です。

妊娠初期にママが感染すると赤ちゃんは難聴、白内障、動脈管開存症などの障害が残ってしまう病気です。

風疹にかかったことがないかもしれないひとは、結婚前に風疹の抗体を検査してないようなら予防接種をうけることをおすすめします。

風疹はかかっても症状は軽くすむ事が多い病気ですが、非常にまれですが、合併症で血小板減少性紫斑病という血が止まらなくなる病気になる事もあります。

また予防は自分が感染する事を防ぐだけではなく周囲への感染予防という意味でも重要です。
風疹は1歳から受けられる定期接種で、子供の腕に1回注射します。


魔法の女の子産み分け術


鈴木院長の産み分けメソッド

★★★★★
★★★★★
★★★★★