暮らしに役立つ情報 サイトマップ

日本脳炎の予防接種

日本脳炎は、日本脳炎ウィルスを持った豚を刺した蚊が人を刺す事により感染する病気です。日本脳炎の症状は40度以上の発熱と激しい頭痛、嘔吐、下痢などを起こすきわめて悪性の脳炎です。

日本脳炎にかかるとけいれんを起こしたり、意識障害を起して最悪は死亡する危険性もある怖い病気です。

日本脳炎は感染しても決定的な治療法がないために、予防接種だけが頼りとなっています。生後6ヶ月から受けられる定期予防接種ですが、一般的には子供が3歳からの接種になります。

初年に1~4週間の間隔をあけて2回接種し翌年もう1回接種します。さらに4~5年おきに追加接種を2回受けます。

しかし、数年前から副反応で脳に異常がみられた事から定期接種から希望者のみの任意接種になりました。

日本脳炎はかかる人は確かに少ないですが、それでも年間に数例の発病があります。もし、日本脳炎が発病すれば死亡する恐れもある怖い病気なので予防接種は受けた方がいいです。

日本脳炎の予防接種をするかどうかは、かかりつけの小児科医師と相談して決めるといいでしょう。


子育てのストレスすっきり解消!【親子で幸せを掴む育児方法】 


魔法のトイレトレーニング講座

★★★★★