暮らしに役立つ情報 サイトマップ

麻疹の予防接種

麻疹は、「はしか」とも呼ばれ、麻疹ウィルスによって起こり、かかると障害が残ったり命を落とす危険性もある病気です。

麻疹は感染力がとても強いので、自然感染した場合は10日~12日で発病し、症状は4~5日間続く高熱と同時に発疹が出現し色素沈殿を数週間残るのが特徴の病気です。

麻疹は感染すると、咳がひどく重症になりやすい病気ということと、怖いのは、中耳炎や気管支炎、脳炎などを合併症を併発し障害が残る恐れもある病気です。

麻疹の予防接種は子供が1歳から受けられる定期予防接種で、子供の腕に1回接種します。今までは1回接種でしたが最近の大人の流行により、2回接種が定められました。

麻疹に限らずどんな病気でも自然感染をした方が強い免疫力がつきますので、もしも自然感染したのなら接種をする必要はありません。

だからと言って、麻疹も自然感染した方がいいとは考えないでください。予防接種がある病気は障害が残ったり死亡する可能性が高い病気なのですから、かかる前に予防をするのが一番です。

特にこの麻疹という病気は重症化しやすいので、予防接種は受けるようにしましょう。子供の体調が心配なら、予防接種を受ける前にかかりつけの小児科医師に相談してください。


赤ちゃん・子供の睡眠の悩み(夜寝ない、寝付きが悪い、寝ぐずり、夜泣き...)を解消! 寝かしつけマニュアル「赤ちゃん・子どもがぐっすり眠る魔法の安眠術」


お子さんの受験対策!!進学塾は不要
 詳細は↓ ↓ ↓ ↓ ↓

進学塾不要!幼児にして大卒を決定づける「有名幼稚園」「有名小学校」受験対策マニュアル

★★★★★