暮らしに役立つ情報 サイトマップ
☆ 暮らしに役立つ情報> 子供の予防接種(麻疹、風疹、日本脳炎)

麻疹の予防接種

麻疹は、「はしか」とも呼ばれ、麻疹ウィルスによって起こり、かかると障害が残ったり命を落とす危険性もある病気です。

麻疹は感染力がとても強いので、自然感染した場合は10日~12日で発病し、症状は4~5日間続く高熱と同時に発疹が出現し色素沈殿を数週間残るのが特徴の病気です。

麻疹は感染すると、咳がひどく重症になりやすい病気ということと、怖いのは、中耳炎や気管支炎、脳炎などを合併症を併発し障害が残る恐れもある病気です。

麻疹の予防接種は子供が1歳から受けられる定期予防接種で、子供の腕に1回接種します。今までは1回接種でしたが最近の大人の流行により、2回接種が定められました。

麻疹に限らずどんな病気でも自然感染をした方が強い免疫力がつきますので、もしも自然感染したのなら接種をする必要はありません。

だからと言って、麻疹も自然感染した方がいいとは考えないでください。予防接種がある病気は障害が残ったり死亡する可能性が高い病気なのですから、かかる前に予防をするのが一番です。

特にこの麻疹という病気は重症化しやすいので、予防接種は受けるようにしましょう。子供の体調が心配なら、予防接種を受ける前にかかりつけの小児科医師に相談してください。


赤ちゃん・子供の睡眠の悩み(夜寝ない、寝付きが悪い、寝ぐずり、夜泣き...)を解消! 寝かしつけマニュアル「赤ちゃん・子どもがぐっすり眠る魔法の安眠術」


お子さんの受験対策!!進学塾は不要
 詳細は↓ ↓ ↓ ↓ ↓

進学塾不要!幼児にして大卒を決定づける「有名幼稚園」「有名小学校」受験対策マニュアル

★★★★★

風疹の予防接種

風疹は風疹ウィルスが原因となって起こる病気で、「三日麻疹(はしか)」ともよばれています。

風疹の症状は発熱や発疹など麻疹に症状が似ているからですが、その症状はがずっと軽く期間も短い事が多いためです。

しかし、風疹の症状が麻疹より軽いからといって、数千人に1人の割合で脳炎などの合併症を起す可能性もある病気なので軽視は出来ません。

風疹は子供より大人が感染すると高熱や関節の痛みが長引く事もある病気ですので、大人の方が注意しなければならない病気です。

特に、妊娠初期の妊婦がかかると高い頻度で先天性風疹症候群の赤ちゃんが生まれるので、風疹にかかったことのないひとは予防が必要です。

妊娠初期にママが感染すると赤ちゃんは難聴、白内障、動脈管開存症などの障害が残ってしまう病気です。

風疹にかかったことがないかもしれないひとは、結婚前に風疹の抗体を検査してないようなら予防接種をうけることをおすすめします。

風疹はかかっても症状は軽くすむ事が多い病気ですが、非常にまれですが、合併症で血小板減少性紫斑病という血が止まらなくなる病気になる事もあります。

また予防は自分が感染する事を防ぐだけではなく周囲への感染予防という意味でも重要です。
風疹は1歳から受けられる定期接種で、子供の腕に1回注射します。


魔法の女の子産み分け術


鈴木院長の産み分けメソッド

★★★★★
★★★★★
★★★★★

日本脳炎の予防接種

日本脳炎は、日本脳炎ウィルスを持った豚を刺した蚊が人を刺す事により感染する病気です。日本脳炎の症状は40度以上の発熱と激しい頭痛、嘔吐、下痢などを起こすきわめて悪性の脳炎です。

日本脳炎にかかるとけいれんを起こしたり、意識障害を起して最悪は死亡する危険性もある怖い病気です。

日本脳炎は感染しても決定的な治療法がないために、予防接種だけが頼りとなっています。生後6ヶ月から受けられる定期予防接種ですが、一般的には子供が3歳からの接種になります。

初年に1~4週間の間隔をあけて2回接種し翌年もう1回接種します。さらに4~5年おきに追加接種を2回受けます。

しかし、数年前から副反応で脳に異常がみられた事から定期接種から希望者のみの任意接種になりました。

日本脳炎はかかる人は確かに少ないですが、それでも年間に数例の発病があります。もし、日本脳炎が発病すれば死亡する恐れもある怖い病気なので予防接種は受けた方がいいです。

日本脳炎の予防接種をするかどうかは、かかりつけの小児科医師と相談して決めるといいでしょう。


子育てのストレスすっきり解消!【親子で幸せを掴む育児方法】 


魔法のトイレトレーニング講座

★★★★★