暮らしに役立つ情報 サイトマップ
☆ 暮らしに役立つ情報> 結婚式余興の挨拶

結婚式の余興の挨拶のポイント

結婚式はとてもおめでたいこと!結婚式に招待されたはうれしいけど、余興でスピーチを頼まれて頭をなやましたことはありませんか?

結婚式は、新郎新婦やご家族にとっては大切なセレモニー。個人的な話や暴露話などで不快な思いを感じさせてはいけません。また、新郎新婦との関係によっても挨拶の内容が違ってきます。

書店に行けば、結婚式のスピーチについてたくさんの本が並んでいますし、ネットでも検索できます。そこからアイディアをいただいちゃいましょう!でも、書かれているとおりの挨拶ではなく、あなたらしい、プラスアルファしたスピーチで結婚式を盛り上げましょう。


★★★★★

結婚式 スピーチの時間

結婚式挨拶の練習
結婚式の場合は余興の時間が限られているので長くなり過ぎないようにしましょう。

挨拶の時間は3分以内が目安ですが、長くなっても5分以内にすること。それ以上長いのは迷惑になります。理想から言えば、2分ぐらいで短いのがベストです。

挨拶の内容は、人が読んで3分~5分の目安は、大体700字~800字ぐらいです。

この字数だと文章に起こしてみると、短いと感じるかもしれませんが、それぐらいが丁度良い量です。実際に原稿を書いてみて、読んでみて調整しましょう。

結婚式 スピーチの構成

結婚式 スピーチの構成は、700字~800字でまとめてみましょう。これで、3~5分のスピーチになります。

1 初めのあいさつでは祝福の言葉・簡単な自己紹介(自分と新郎新婦の間柄等)を話します。

2 エピソード等のスピーチの中心となる話で、新郎新婦の人柄やエピソードを盛り込んだりします。

3 結びのあいさつとして、新郎新婦へのはなむけの言葉や激励等を話し、最後の結びの言葉もここに入れると良いでしょう。


★★★★★

結婚式 スピーチ、挨拶の注意点

結婚式などのおめでたいセレモニーでは、使ってはいけない言葉があります。

そのような言葉を避けて、心のこもったスピーチをしましょう。

結婚式の挨拶での注意事項はいくつかありますが、代表的なものをあげてみます。

1.忌み言葉を使わない(「切る」「終わる」「離れる」など)
2.新郎、新婦が結婚前に付き合っていた話題は避ける
3.子供の話題は避ける
4.再婚や晩婚の場合はそのことに触れない
5.個人的な家庭の事情に踏み込むような話題は避ける
6.変な自慢話をしない

その他、仕事の上司の立場の時には、会社の宣伝をしたり説教ぽくならないことが必要です。

いずれにしても、新郎新婦を祝福してあげる内容にすることを忘れないようにしてください。