暮らしに役立つ情報 サイトマップ
☆ 暮らしに役立つ情報> 香典の数字・漢数字

香典の金額の書き方

香典金額の書き方は、数字でも漢数字でもどちらでもかまいませんが、一般的には、漢数字で縦書きにかかれることが多いようです。

例として、1000円は、千円。3000円は、参千円。5000円は、伍千円。10000円は、壱萬円。

香典で避けたい数字としては、香典に入れる金額で、タブーとされている数字は「4」と「9」です。

「4」は「死ぬ」や「死亡」。「9」は「苦しむ」といった言葉を連想させるためです。

また、香典では、偶数は好ましくないとされ、偶数も避けられるようです。

それは奇数が縁起の良い数字であるためというのが理由のようです。

でも、香典では例外として2万円は認められているようで、特に問題ないそうです。

香典の中袋に金額を記入

香典に金額を書くときの場所ですが、香典袋の中袋に書きます。

中袋への書き方は、中袋の表側に、見やすいように楷書・旧漢字で金額を縦書きに書きます
(例:金壱萬円)。

また、中袋の裏側には、郵便番号、住所、氏名を書きます(この場合は数字でも漢数字でも可)。

香典袋の裏に住所等を書いた場合でも、トラブルを避けるためにも中袋の裏にはこれらを書くのがマナーです。

最近市販されている不祝儀袋では中袋や中包みに記入欄があるものもありますので、その場合にはそれに沿って書くとよいでしょう。




香典は薄い墨汁を使う

香典は涙でにじむということで、薄い墨汁で書くのが一般的です。

香典は鉛筆やボールペンでは書かないようにしましょう。

でも、わざわざ墨をすって書くのは大変です。つい、筆ペンですませることも多いでしょう。

最近は、薄い墨汁の筆ペンも市販されているので、常備しておくと便利です。