暮らしに役立つ情報 サイトマップ

一回忌の法要

仏教では人が亡くなると魂は身体を出て霊となると考えられていて、死後四十九日間は死者の霊が現世とあの世の間をさまよっているといわれています。

四十九日間供養することで、死者の霊が無事に極楽浄土へ行き、成仏できることを願うのです。法事、法要は死者を供養すると同時に遺族の悲しみを癒す意味もあります。

その後の法要は、死亡した年も入れて数えます。

死後満一年の命日は一回忌(一周忌)と言います。

満ニ年目の命日は三回忌、その後は七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、以降は五年毎に行われます。

こういった法要を年忌法要といいます。