暮らしに役立つ情報 サイトマップ
☆ 暮らしに役立つ情報> おしゃぶりと歯並び

赤ちゃんの歯並び

赤ちゃんの歯の生え方は個人差が大きいですから、1本ずつ生えたりまとまって生えてきてもあまり気にすることはありません。

歯と歯の間にすきまがあいているのは、これから生えてくる歯や歯並びがきれいに作られるための余裕です。

歯が全部出そろった時には、キチンと並ぶので、指しゃぶりとは関係ないと言われています。


赤ちゃん・子供の睡眠の悩み(夜寝ない、寝付きが悪い、寝ぐずり、夜泣き...)を解消! 寝かしつけマニュアル「赤ちゃん・子どもがぐっすり眠る魔法の安眠術」



お子さんの受験対策!!進学塾は不要

 詳細は↓ ↓ ↓ ↓ ↓

進学塾不要!幼児にして大卒を決定づける「有名幼稚園」「有名小学校」受験対策マニュアル


★★★★★
★★★★

おしゃぶりの歯並びへの影響

最近は、かわいいおしゃぶりをしている赤ちゃんをよく目にします。

おしゃぶりは、赤ちゃんにとっての精神安定剤のようなものです。

おしゃぶりをしていると、歯並びが悪くなるのか?というお母さんの質問が多いですが、乳歯の時期であれば、おしゃぶりは指しゃぶりとあまり変わりありません。

歯並びに影響があるのは、赤ちゃんのおしゃぶりをする力のほうに問題があります。

硬いものをしゃぶったり、頻繁に噛んだりすれば歯並びは確実に悪くなります。

おしゃぶりをしている時間が長すぎることや、アゴの強さで影響が出てくるのです。


子育てのストレスすっきり解消!【親子で幸せを掴む育児方法】 


魔法のトイレトレーニング講座(なごみ先生サポート)


★★★★
★★★★
★★★★★
★★★★★

おしゃぶりと指しゃぶり

おしゃぶりと指しゃぶりは、どっちが歯並びに影響するのでしょうか?

おしゃぶりは、柔らかいシリコーンゴムや天然ゴムで出来ていますが、指しゃぶりは指をしゃぶるわけですから硬いです。

歯並びを気にするなら、指しゃぶりよりもおしゃぶりの方が良いのかもしれません。

また、おしゃぶりは乳幼児突然死症候群の予防にもなると言われています。

ただし、おしゃぶりをしても歯に影響がないのは3歳までです。「歯並びが少し変だな」と思ったら、少しずつでも外すようにしてください。

おしゃぶりは、お母さんが取り上げて、子供の目の届かないところに置きましょう。

目の届く場所にあると、子供は「おしゃぶり!おしゃぶり!」と欲しがります。


発達障害の子育て教育体験記


魔法の女の子産み分け術

★★★★
★★★★
★★★
★★★★★