暮らしに役立つ情報 サイトマップ

滲出性中耳炎の症状

滲出性中耳炎の症状のおもなものは、難聴と耳閉感です。鼓膜のすぐ内側にうみがたまる急性中耳炎と違い、痛みや高熱がないのが特徴的です。

耳閉感とは高い山に登ったり、急にトンネルの中に入ったときに感じる耳のつまる感じで、自分の声が変に聞こえることもあります。

鼓膜のふるえが鈍くなるので、耳の中が詰まったように聞こえにくくなりますが、子供は少しくらい難聴では自分から訴えてくることが少ないので、発見が遅くなりがちです。

後ろから呼んでも返事をしなかったり、テレビの音を大きくして見たりしている場合は要注意です。小さい子どもの難聴はテレビの音が大きかったり、返事が遅いなどから気がつくことがあります。

滲出性中耳炎の痛みはほとんどないかあっても軽い程度です。

急性中耳炎にかかったことのある子供も注意が必要です。滲出性中耳炎になってしまう理由には色々なことが考えられますが、急性中耳炎が治りきらずに、うみが滲出液となって鼓膜の内側に残ってしまう理由が最も多いのです。


子育てのストレスすっきり解消!【親子で幸せを掴む育児方法】 


魔法のトイレトレーニング講座(なごみ先生サポート)