暮らしに役立つ情報 サイトマップ

急性中耳炎の予防、対処法

急性中耳炎は繰り返し起こしますので、予防としては、特に冬のかぜの予防とともに、抗生物質や解熱剤の早期の内服はきわめて効果的です。

子どもの中耳炎のほとんどがかぜをきっかけに発病するため、かぜに対する注意が大切です。

鼻の病気があると、絶えず中耳炎の原因となるばかりでなく、中耳炎を長引かせることになるため、鼻の治療やときにアデノイド切除などが中耳炎の予防に役立つことがあります。

急性中耳炎を繰り返す子どもでは、主治医と相談の上、抗生物質を少量常備しておくことも役立ちます。また夜間に急に耳を痛がって中耳炎が疑われるときには、耳のすぐ後ろの骨の部分をタオルで包んだ氷で冷やしたり、解熱用の座薬があればそれを使用すると痛みを軽減できます。




□ 楽しくなるラクラク育児の法則