暮らしに役立つ情報 サイトマップ
☆ 暮らしに役立つ情報> 急性中耳炎

急性中耳炎の原因

中耳炎は子供に多い病気ですが、急性中耳炎は圧倒的に子どもに多く、とくに乳幼児に多くみられる病気です。

乳児、幼児、子供に中耳炎が多い理由は、子供の耳の構造と関係しています。

子供の耳管(耳と喉の境につながっている管)は細長くて、水平に近い状態になっているので、鼻や喉から細菌が入りやすいためです。

また、子供は風邪をひきやすいということも、中耳炎になりやすい原因の1つです。風邪をひくと、鼻や喉の細菌が耳管を通って中耳に入り込み、急性中耳炎を起こすきっかけになってしまうのです。



赤ちゃん・子供の睡眠の悩み(夜寝ない、寝付きが悪い、寝ぐずり、夜泣き...)を解消! 寝かしつけマニュアル「赤ちゃん・子どもがぐっすり眠る魔法の安眠術」


お子さんの受験対策!!進学塾は不要
 詳細は↓ ↓ ↓ ↓ ↓

進学塾不要!幼児にして大卒を決定づける「有名幼稚園」「有名小学校」受験対策マニュアル


★★★★★
★★★★★

急性中耳炎の症状

急性中耳炎の症状
急性中耳炎になると、まず耳を痛がり、熱が出ることもあります。赤ちゃんの場合は耳の痛みを訴えることができないので、機嫌が悪くなったり、耳に手をやったりするなど、いつもと様子が違うなと思ったら中耳炎を疑ってみることです。 

急性中耳炎では、耳の痛み、耳だれなどの症状が起こってきますが、乳幼児では、夜泣き・不きげん・耳をさわるしぐさ・原因の分からない発熱などの原因が中耳炎であることが少なくありません。

夜間に急に子どもが泣き出したときには、中耳炎を忘れてはいけません。中耳炎の症状が進行すると、鼓膜が破れて黄色い耳だれが出ることがあります。そうなると耳の痛みがなくなって、熱も下がりますが、中耳炎が治ったわけではないので注意が必要です。

鼓膜をみると、発赤・腫れが認められます。小さい子どもの鼓膜の変化は軽いため、光源付き拡大耳鏡が便利ですが、鼓膜検査は手軽にできるため、子どものかぜの診察では鼓膜も必ずみてもらいましょう。 


赤ちゃんがピタッと泣き止んだ!【夜泣き対処法】

急性中耳炎の治療

急性中耳炎の治療は、症状が軽い時は、抗生物質を飲ませて、耳の中を消毒したりしますが、痛みや鼓膜の発赤が強ければ鼓膜切開、鼓膜を切ってうみを外に出したりします。

急性中耳炎の治療は抗生物質の内服や点耳液が中心です。

鼓膜を切らずに中にうみを溜めたままにしておくと、難聴気味になってしまう場合もありますので、早期発見、早期治療が大切です。

また、急性中耳炎は再発しやすい病気なので、痛みがなくなったり耳だれがなくなったりしたからといって、勝手に薬の服用をやめないようにしてください。急性中耳炎の症状が治まっても、炎症はまだ残っているので、完全に治るまでは、必ずお医者さんの指示通りに薬を服用させるようにしてください。


赤ちゃんがピタッと泣き止んだ!【夜泣き対処法】



赤ちゃんの夜泣きが止まる安眠講座


急性中耳炎の予防、対処法

急性中耳炎は繰り返し起こしますので、予防としては、特に冬のかぜの予防とともに、抗生物質や解熱剤の早期の内服はきわめて効果的です。

子どもの中耳炎のほとんどがかぜをきっかけに発病するため、かぜに対する注意が大切です。

鼻の病気があると、絶えず中耳炎の原因となるばかりでなく、中耳炎を長引かせることになるため、鼻の治療やときにアデノイド切除などが中耳炎の予防に役立つことがあります。

急性中耳炎を繰り返す子どもでは、主治医と相談の上、抗生物質を少量常備しておくことも役立ちます。また夜間に急に耳を痛がって中耳炎が疑われるときには、耳のすぐ後ろの骨の部分をタオルで包んだ氷で冷やしたり、解熱用の座薬があればそれを使用すると痛みを軽減できます。




□ 楽しくなるラクラク育児の法則

中耳炎の時のお風呂、プール

中耳炎は耳などの炎症だけでなく、狭い空間の中にウミや出血成分がたまっています。

お風呂に入って身体が温められ、血流がよくなってしまうと、炎症の部分はさらに血流が増すため、痛みが増強し、腫れが長引いてしまいます。また、ウミや出血がたまっている場所は内部の圧力が高くなり、せっかくお薬や処置によってよくなってきた痛みがぶりかえしてしまいます。

このため、中耳炎の時はお風呂にはいってはいけないのです。体を温めると急性期の症状が悪化するため、医師の許可が出るまで入らないように!

中耳炎にかかったあとはプールはもっと危険です。病気が治ったことが確認されてから、約3ヶ月、カゼもひかずに鼻汁も出さすに過ごすことができたら、プールを再開しても大丈夫です。それまで、じっと我慢しましょう。もし、それまでにプールを再開したら、簡単に中耳炎を繰り返してしまいます。

お風呂・プールは元気になってからにしましょう。


□ 楽しくなるラクラク育児の法則



赤ちゃん・子供の睡眠の悩み(夜寝ない、寝付きが悪い、寝ぐずり、夜泣き...)を解消! 寝かしつけマニュアル「赤ちゃん・子どもがぐっすり眠る魔法の安眠術」