水ぼうそうの潜伏期間と症状

水ぼうそうの潜伏期間は10日から3週間程度と言われていますが、平均2週間前後です。症状は、37〜38度の高熱が出て、同時に赤い小さな発疹が出ます。この発疹は、全身に広がって、口の中にまで出ることがあります。最初は小さな赤い発疹ですが、だんだん水ぶくれになり、強いかゆみもあります。

水ぶくれは2〜3日でしぼんでいき、黒ずんだかさぶたになりますが、次々に新しい発疹ができるので、全ての発疹がかさぶたになるまでは1、2週間程度かかります。

かさぶたになるまでは感染力があるので、幼稚園や学校は休ませる必要があります。水ぼうそうは、感染すると免疫ができ、この免疫は生涯続きます。

水ぼうそうの治療と予防接種

水ぼうそうのかゆみを抑えるために白いぬりぐすり(カチリ)と飲み薬が有効です。 皮膚が化膿するなど二次感染を起こした場合は抗生剤を使用します。皮膚の弱い人や、アトピー、日焼けのひどい時、とびひに罹っている時などは重症化しますので、抗ウイルス剤(ゾビラックス)を使用することがあります。少し高い薬ですが、病気の初期に使うととても軽くすむ人もいます。

すべての発疹がかさぶたになるまでは感染しますので隔離が必要です。保育園、学校などでは治癒証明書が登園、登校時に必要です。なお発熱時はアスピリンは使用しません。

子供が水ぼうそうに感染した場合、治るまで他の子供たちとの接触は避けるようにします。お家でのケアとしては、軽症の時は、かゆみ止めの薬を塗る程度です。かきむしって水ぶくれをこわさないように、つめは短く切っておきましょう。

水ぼうそうは、冬から春にかけて流行がみられ、保育園や幼稚園などで集団発生する場合があります。

水ぼうそうにかかった子供と接触したら、3日以内にワクチンを接種すれば発症の予防や症状を軽くすることができます。
また、症状が出て2日以内の場合なら、ウィルスに対する薬を飲むことで症状が軽くなることもあるそうなので、お医者さんに相談してみましょう。

感染力が強く家族に水ぼうそうにまだかかっていない人がいる時は、感染の危険があります。また家族がかかると後でかかる人の方が一般的には重症になります。健康な子供にとっては、水ぼうそうはそれほど怖い病気ではありませんが、先天性の免疫不全の子供や、副腎皮質ホルモンや免疫抑制剤を使っている子供の場合は注意が必要です。完治するまでに長期間かかる病気なので、夫婦で働いている人など、子供が長期間休むことになると困る場合は、予防接種を受けておくことをおすすめします。

水ぼうそうとお風呂

お風呂は水ぼうそうのの初期のころ2〜3日は温めると痒さが増すので、入れませんが、わきの下やおしりはきれいにしてあげてください。熱がなく、細菌感染の心配がなければ、シャワーはかまいません。

水疱は破らないように泡立てた石鹸を軽くつけて、きれいに洗い流しましょう。シャワーやかけ湯をして肌を清潔にすることが大切です。かさぶたになってしまったら、お風呂ははいることができます。お風呂が可能かどうかは医師の指示に従ってください。

大人の水ぼうそう(帯状疱疹)

水ぼうそうが治ったからといってウイルスがいなくなるわけではありません。ウイルスは、知覚神経の神経節に隠れていつまでも潜伏し続けます。

数十年後、加齢による体力低下、または大きなストレスや病気などで体の免疫力が低下すると、ウイルスは神経節から出てきて増殖しようとします。このため大人になってから「帯状疱疹」が起こると考えられています。


口呼吸は口臭の原因 主婦湿疹の治療と薬

水ぼうそう